デトックウォーターの作り方と簡単レシピと注意点5つ

MENU
太った・・・でも痩せられない!40歳からのキレイやせ研究所 TOP  >  食事、飲み物  >  デトックスウォーターの作り方 簡単レシピと作るときの注意点5つ

デトックスウォーターの作り方 簡単レシピと作るときの注意点5つ

果物を使ったデトックスウォーター

デトックスウォーターは、ダイエット中でもカロリーが低いですし、不足しがちなビタミンを補うことができますね。何より、香りも良くて、簡単に作れるのが魅力です。

デトックスウォーターは、自分で好きな香りや味を選ぶことができますし、美肌効果、便秘解消にもいいですよ。旦那さまやお子さんと一緒に飲んでもいいと思います。

デトックスウォーターに、果物やハーブだけでなく、梅シロップや紅茶、チアシード、冷凍の果物やドライフルーツなども入れて、オリジナルのデトックスウォーターを作ってみませんか?クーラーの効いた部屋や寒いときにはホットデトックスウォーターもいいですね。

それでは、デトックウォーターの作り方や、簡単レシピ。そして、意外と忘れがちなデトックウォーターを作るときの注意点5つについてお話しをしていきたいと思いますので、最後まで読んで頂ければ嬉しいです。

デトックスウォーターは腸内環境を整える

トイレで用をたしている女性

デトックスウォーターは、果物などの水溶性ビタミンや水溶性食物繊維が摂取できるので、腸内環境を整えることができますよ。さらに、水分を摂るということを意識することができますので、便秘にはもちろん、夏バテや熱中症にもいいと思います。

デトックウォーターは、腸内環境を整えるので、便秘が解消します。ですので、肌のくすみがなくなり、ニキビや吹き出物にも効果がありますよ。

ダイエットをしていると、必要な栄養素が不足してしまうことが多いので、ビタミンや食物繊維を積極的に摂ることは必要です。カロリーを減らすことは大事ですが、栄養を減らしてしまっては、太りやすい体を作ってしまいます

ダイエット中に、市販のジュースを飲むよりも、好みの果物や野菜などを切って入れるだけのデトックスウォーターを飲むほうが、ダイエットの効果があがりますよ。市販の野菜ジュースは、かなり糖分が多いの難点。結構カロリーがありますので、ダイエット向きではありません。

それでは、デトックスウォーターを作るときの注意点が5つありますので、デトックスウォーターを作るときの参考にして頂ければと思います。

デトックスウォーターを作るときの注意点5つ

デトックスウォーターは、簡単に作れるものではありますが、注意点もあります。

デトックスウォーターを作るときの注意点が5つほどありますので、ぜひ、作るときの参考にして頂ければと思います。

果物の皮の洗い方

オレンジとレモンを水道水で洗う

デトックスウォーターを作るときには、果物を丸ごと使うのですが、外国産のレモンなどは農薬が心配になりませんか?

そんなときは、大き目のボールに重曹を小さじ1杯溶かし、その中に30秒~1分ほど果物や野菜を入れて、その後こすり洗いをしてくださいね。

あまり長い時間、重層水の中に果物や野菜を入れておくと、ビタミンなどが流れてしまいますよ。

フルーツ缶は使わない

フルーツ缶を皿にあける

フルーツ缶は、いろんなフルーツが入っていますので、手軽といえば手軽なのですが、缶詰のシロップにビタミンが溶けてしまっていますし、シロップ自体がかなりの甘さですよね。

ダイエットをしているならば、フルーツ缶は使わないほうが無難ですよ。

柑橘系は避ける

紫外線

レモンやオレンジなどの柑橘系は、デトックスウォーターの鉄板食材ですよね。

ですが、柑橘系の食材は、日焼けを促進してしまう恐れがあることをご存知でしょうか?レモンやオレンジに含まれるソラレンという物質は、メラニンを過剰に分泌させてしまうため、シミができたり、日焼けをしやすくなってしまいます

ソラレンを含む食材は夕方以降にしたほうが、肌のためには良いということですね。夕方以降であれば、柑橘系を入れたデトックスウォーターは、美肌効果を期待できますね。

ソラレンを多く含む食材は、レモン、オレンジ、グレープフルーツ、みかん、キウイ、イチジク、セロリ、きゅうり、人参、パクチーなどがありますよ。

デトックスウォーターの衛生面

赤い保冷ボトル

デトックスウォーターは、オシャレな透明のビンなどに入れることが多いと思います。

そのため、気温や湿度が高い夏などは、菌が繁殖しやすくなります。冷房の効いた部屋であればいいと思いますが、外で持ち歩くときには、保冷効果のあるボトルを使用したり、保冷剤などを使うほうがいいですね。

デトックスウォーターを作るときに、フルーツ系の酢を少量入れると菌の繁殖を防ぐことができますので、試してみてください。

デトックスウォーターは、保存料が入っていないので、作ってから24時間以内には飲み切るようにしましょう。

デトックスウォーターに何入れる?

それでは、デトックスウォーターを作るときの注意点を頭に入れた上で、実際にデトックスウォーターを作ってみましょう。

デトックスウォーターは、果物や野菜を入れるだけではなく、アレンジ次第で楽しめる飲み物だと思いますよ。

デトックスウォーターのベース

炭酸水をコップに注ぐ

デトックスウォーターは、ミネラルウォーターが基本ですが、あくまでも基本ですので、まずはベースとなるものを決めましょう。

ミネラルウォーターは何にでも合いますが、慣れてきたら別のものを使っても飽きることなく続けられますよ。

ミネラルウオーターだけでなく、無糖の炭酸水や緑茶や紅茶もオーケーですので、気分に合わせて飲むことも楽しいです。

デトックスウォーターの食材

デトックスウォーターの食材は、基本的に何でもいいのですが、日焼けが気になるならば、ソラレンが入った食材を入れたならば、夕方以降に飲むようにするとか、工夫すればいいだけです。

果物 レモンやオレンジなどの柑橘系
いちごやブルーベリーなどのベリー系
梨、パイナップル、りんご、桃、バナナ、マンゴー、ぶどう、キウイ
冷凍の果物
ドライフルーツ
野菜 きゅうり、トマト、大根、人参、生姜、セロリ、セリ、パクチー
ハーブ ミント、バジル、レモングラス、ローズマリー、シナモンパウダー
その他 チアシード、酢(フルーツ系)

デトックスウォーターのレシピ

最近、スリム女史が飲んでいるデトックスウォーターのレシピをご紹介したいと思います。

デトックスウォーターは、自分で自由にアレンジができるのが魅力の飲み物ですので、あなたも自分なりのデトックスウォーターを作ってみてくださいね。

デトックウォーターの基本レシピ

いろんな種類の果物

まずは、デトックスウォーターの基本レシピをご紹介します。デトックスウォーターで使う野菜や果物は、皮付きのものを使うのが基本。さすがにバナナやキウイ、パイナップルは剥きますけどね。

簡単ではありますが、デトックスウォーターの作り方を覚えて頂ければと思います。

  1. 野菜や果物、ハーブなどを容器に入れる
  2. 常温の水かミネラルウォーターを材料が被るくらい入れる
  3. 冷蔵庫で3~4時間置く

野菜や果物の成分を出すためには、最初に常温の水やミネラルウォーターを入れたほうがいいかと思いました。

ただし、保存料などは一切使っていないため、傷みが早いですので、冷蔵庫で保存するのがいいですね。水を継ぎ足すときは、24時間以内であれば2~3回はオーケーですよ。

残った野菜や果物は、そのまま食べてもいいですが、正直マズイです。新しい野菜や果物と一緒にミキサーでスムージーにするのが一番良かったかなと思いました。

それでは、デトックスウォーターの基本がわかった上で、アレンジレシピにも挑戦してみてくださいね。

デトックスウォーターが韓国でも流行っている

韓国のデトックスウォーター、フォンダンウォーター

出典元:http://cookpad.com/recipe/3897610

韓国でもデトックスウォーターが流行っています。その名もフォンダンウォーター。ドライフルーツを使っているので、より簡単にデトックスウォーターを作ることができます。

野菜や果物をカットするのが面倒ならば、ドライフルーツを使うのも時間短縮になりますね。

梅シロップとチアシード

ホワイトチアシード

我が家では、毎年梅シロップを作っていますが、ミネラルウォーターでも、炭酸水でも美味しくできます。

チアシードは、よくレモン水と合わせるレシピが多いように思いますが、レモンを使うと、チアシードの苦みが強く感じられます

梅シロップを入れることで、チアシードが入っていても、飲みやすくなりますよ。梅は疲労回復にチアシードは便秘を改善しますので、女性には嬉しい組み合わせかなと思いました。

ホットデトックスウォーター

アロマオイルとラベンダー

デトックスウォーターは、ホットデトックスウォーターでも美味しくいただけます。ベースに緑茶や紅茶を使うと、より美味しさがアップしますよ。

シナモンやミント、プルーンなどのドライフルーツが相性がいいです。

デトックスウォーターは、どんな組み合わせでも、試してみると意外な発見があり、アレンジしながら楽しめるかなと思います。

ダイエット中でもデトックスウォーターで心も満足

おやつを食べる女性

ダイエット中でもジュースが飲みたいと思うならば、甘味や香りが良いデトックスウォーターを飲んでみてくださいね。

デトックスウォーターは、いろんな食材を楽しむことができますので、ダイエット中でも心が満足しやすいと思います。

デトックスウォーターを作るときの注意点を頭に入れながら、自分なりのオリジナルレシピを作って頂ければ嬉しいです。

夏は冷たくして、冬はホットで楽しんでみてくださいね。

同じカテゴリー「食事、飲み物」の一覧

ブロッコリースプラウトの効果

ブロッコリースプラウトの育て方 食べるタイミングはいつが適切?

スーパーの野菜売り場でも見かける「ブロッコリースプラウト」ですが、自宅でも簡単に栽培できることを知ってますか? 買えば1パック65グラムで100円ほど。 栽培キットを使えば1袋で3~4回は栽培ができま […]

記事の続きを読む
カキと豆乳のダイエットスープ

ダイエットスープ最強レシピ 具材は何を使うと効果的なの?

「ダイエットスープ」というと野菜スープや脂肪燃焼スープなんていうのも流行りましたね。 確かに健康的に痩せるには野菜たっぷりのスープは理想的!に思いますが、せっかくならばもっと痩せやすい体質を作る「ダイ […]

記事の続きを読む
ブロッコリースプラウト グッディ ダイエット 内臓脂肪減少

ブロッコリースプラウトダイエット 内臓脂肪減少効果があるって本当?

「ブロッコリースプラウト」がダイエットに効果的!という話は聞いたことがあるものの、それって本当なの?って思いませんか? ダイエットにいいと言われても、科学的根拠がなければ信じられませんよね。 2017 […]

記事の続きを読む
漢方の食材

自宅で学べる くらし薬膳プランナーの資格 取得方法や活用法を知りたい!

大人になった今だからこそ何か役に立つ資格を取得したいと思ってはいませんか? 「暮らし薬膳プランナー」は、自宅で学べるとあって、スクールに通うのが難しい主婦にも人気の資格の一つ。 薬膳というと、難しそう […]

記事の続きを読む
カカオ豆 カカオニブ

カカオ豆は楽天やアマゾンで購入 甘くない簡単料理レシピ5選

話題のハイカカオチョコレートは、ダイエット中でも食べられるデザートとして、とても人気がありますね。 その理由は、砂糖などの糖質が多い普通のミルクチョコやブラックチョコと比べて、カカオ豆の配合量が多くダ […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

スリム女史のプロフィール

はじめまして!スリム女史と申します。出産してから徐々に体重が増え、40歳を過ぎてからは、ただのデブになってしまいました。年々体重が増加した現実に気付き、ダイエットを決意!スリム女史がいかにして10kg痩せたのか?40歳からのダイエットに大切なこと、ダイエット商品について紹介させて頂いてます。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2017 太った・・・でも痩せられない!40歳からのキレイやせ研究所

    ページトップ