MENU
太った・・・でも痩せられない!40歳からのキレイやせ研究所 TOP  >  美容の悩み  >  首がかゆい!それはあせもじゃなく汗アレルギーかもしれません

首がかゆい!それはあせもじゃなく汗アレルギーかもしれません

頭を抱えてイライラしている女性

汗をかくと、首やデコルテ、お腹などがかゆくなり、我慢できずにかいてしまうなんてことはありませんか?

お風呂上がりや、夏になり猛暑で気温がグッと上がると、汗をかきたくないのに、ジワジワと汗をかいてしまう。そのまま放っておくと、かゆくてついボリボリとかいてしまい、今度はヒリヒリと痛がゆい。お風呂で石けんやボディーシャンプーをつけて洗うと、しみてしまうんですよね。

人によっては、首周りだけでなく、皮膚の薄いひじの内側やデコルテ、お腹や背中などに出てくるようです。

首がかゆい!汗をかくと、かゆくて赤くなってしまうという症状があるならば、それはあせもじゃなく、汗アレルギーかもしれません。スリム女史は、我慢できずにかいていたのですが、傷跡が残り色素沈着になってしまったことがあるだけでなく、イボができてしまい後悔したことが有ります。

それでは、あせもと汗アレルギーの違い、汗アレルギーになってしまう原因などをお話ししていきたいと思いますので、最後まで読んで頂ければ嬉しいです。

あせもと汗アレルギーについて

頭をかしげて考えている女性

あせもと汗アレルギー。そもそも汗アレルギーって何?あせもと汗アレルギーの違いって何なの?と思っているかもしれませんね。

汗をかくと、首やデコルテ、ひじの裏側などがかゆくて赤くなる。これをあせもと勘違いしている人が意外と多いことはご存知でしょうか?

まずは、あせもと汗アレルギーの症状についてお話しをしていきますね。

あせもとは?

汗を拭く女性

あせもとは、汗で角質やほこりなどの汚れがふやけてしまい、汗腺がふさがってしまっている状態です。本来ならば、汗は体外に出さなければいけないのに、汗が出られなくなっているんですね。

あせもになると、皮膚がブツブツと赤くなりますが、通常かゆみはありません。

あなたは子供のときに、あせもが出来た経験がありませんか?あせもは大人よりも新陳代謝がいい、子供がなりやすいですよ。

汗アレルギーとは?

両手を口に当てて驚いている女性

汗アレルギーは、あせもと違い汗腺が詰まって、赤くブツブツができるわけではありません。

汗アレルギーは、汗の成分であるナトリウムなどが肌を刺激して、炎症が起きます。その人の程度にもよりますが、汗でかゆくなり、我慢できずにかいてしまい悪化するというパターンが多いと思いますね。

炎症を起こしているため、洋服があたったり、擦れたりすることで、痛がゆいと感じます。

あせもと汗アレルギーの違い

あごに手を当てて考えている女性

あせもと汗アレルギーの違いを簡単に説明しますね。

あせもは汗腺が詰まることで、肌が赤くブツブツになります。一方、汗アレルギーは、汗腺が詰まるわけではなく、汗の刺激で炎症が起こることを言います。

あせもと汗アレルギーは違いますので、当然のことながら、ケアの方法が違います。間違ったケアをすると、悪化をしてしまい、スリム女史のように色素沈着で数年悩むことになってしまいます。

しかも、老人性イボと呼ばれる首イボの原因にもなるので要注意ですよ。

>>刺激によってできてしまった老人性イボの対処法について詳しくはこちらから

それでは、なぜ汗アレルギーになってしまうのでしょうか?

次は、汗アレルギーになってしまう原因について、お話しをしていきますね。

汗アレルギーの原因とは?

考えている女性

汗アレルギーは、あせもとは違い、皮膚の表面が汗によって刺激を受け、肌荒れしている状態です。

汗アレルギーになる原因として、考えられることが2つあります。

  • バリア機能が低下している
  • ベトベトの悪い汗をかいている

それでは、それぞれについて、お話しをしていきますよ。

バリア機能の低下とは?

健康な肌とバリア機能が低下した肌

出典元:環境再生保全機構

皮膚の表面にはバリア機能という、外の刺激などから守る働きと、体内の水分の蒸発を防いてくれる働きがあります。

バリア機能が正常に働かなくなってしまうと、肌の奥の真皮が汗や汚れで刺激されてしまい、炎症が起こり体内の水分が蒸発してしまいます

正常にバリア機能が働いているならば、肌に保湿力があるため、しっとりとしていますが、汗アレルギーの症状が出ているならば、肌は乾燥してカサカサしている状態だと言えます。

あなたは、乾燥肌でお悩みなのではないでしょうか?

汗にはベトベトの汗とサラサラの汗がある

ペットボトルを持ちタオルで汗を拭いている女性

汗には良い汗と悪い汗があります。あなたの汗はサラサラの汗ですか?それともベトベトの汗ですか?

汗の成分は主に水です。その他にナトリウムやミネラルなども微量に含まれています。サラサラの良い汗は、水と一緒に出てしまったナトリウムやミネラルなどを汗腺が再吸収します。ですが、ベトベトの悪い汗のばあい、汗腺に戻ることなく、皮膚に残ったまんまなんですね。

汗腺がナトリウムやミネラルを再吸収することができないのは、汗をかくことが少ないからだと言われています。

対策としては、汗をしっかりかく練習が必要だということですね。確かに、私たちの生活はクーラーで汗をかくこと自体が少ないので、汗をしっかりかくということが無くなっていることは事実です。

サラサラの良い汗をかけるようになると、乾燥肌も良くなってきますよ。汗は、肌を保湿する役割もあるんですね。

そして、腸内環境が悪化している場合も汗アレルギーになる原因の1つとして考えられますので、便秘を改善することも大切です。腸は第二の脳とも言われる重要な器官。たかが便秘と侮らないでくださいね。

スリム女史のばあいは、花粉症を発症してから、肌のトラブルが多くなったように思います。最初に感じたのが首がかゆい!ことでした。そして、デコルテやお腹のかゆみも感じるようになっていきましたね。

それでは、汗アレルギーが起こってしまったときの対処法についてお伝えしていきますね。

汗アレルギーの対処法について

OKをしている女性

汗アレルギーで、肌がヒリヒリ、チクチクとして痛みもかゆみもあるときには、できるだけ刺激を与えないようにすること、保湿をしっかりしてあげること。この2点が大切ですね。

そして、スリム女史が普段の生活の中で気を付けていたことがありますので、参考になさってみてください。

汗をこまめに拭く

タオルで汗を拭く女性

真夏の暑い日などは、黙っていても汗がしたたり落ちることもあります。

仕事をしているときは、ちょっと現実的ではないかもしれませんが、スリム女史は、濡れタオルをいつも持ち歩くようにしていました。

汗を拭くならボディーシートでもいいんじゃない?と思うかもしれませんが、肌が炎症を起こしているときには、刺激になりますので、使わないほうが無難ですよ。

家にいるときは、汗が出たらまめに拭くことを心掛けてくださいね。

髪の刺激で肌がかゆくなる

ポニーテールの女性

女性のばあいは、ショートカットならばいいですが、セミロングの長さですと、髪が首に当たることになってしまいます。

髪の毛の刺激は、余計に肌を悪化させますので、ショートカットが嫌ならば、髪を結ぶなどの対処をしていきましょう。

乾燥肌でも使える日焼け止めを塗る

日焼け止めを肌に塗ろうとしている

紫外線の刺激から肌を守るために日焼け止めは必須です。ですが、日焼け止めは肌が乾燥してしまうというデメリットもあります。

ですが、バリア機能が低下している状態なのに、日焼け止めを塗らないとなると、肌は確実にダメージを受けてしまいますよ。

日焼け止めは、SPFの低いもの、紫外線吸収剤が入っていないものを選ぶのがコツです。意外とSPFが高いほうが効果がありそうだからと、SPF50などの高い数値のものを選びがち。ですが、「SPFは20~30」、「PAは++」くらいで十分ですよ。

ボディーシャンプーは乾燥肌が悪化する!

石けんとボディーブラシ

首やデコルテ、お腹などがかゆくて、痛みがあるときには、ボディーシャンプーは使わないようにしましょう。

確かにボディーシャンプーは、香りも良くて洗い上がりはさっぱりとしますが、荒れた肌には刺激が強すぎます。ですので、石けんを泡立てて、手で優しく洗うようにしてください。本来ならば、石けんを使うのもおススメはしません。

石けんを使うときも、素早く洗って、しっかりと洗い流すことは忘れないでくださいね。

お風呂で汗をかく効果 サラサラの汗を出せるようになろう

湯船につかっている女性

お風呂に入るときには、暑い夏でも湯船にしっかりと浸かるようにしましょう。

普段、あまり汗をかくことがないのであれば尚更のこと。お風呂に入っても汗をかかない!ということがあっても、必ず汗をかけるようになります。

お風呂で汗をかくには、お風呂に入る前に1杯の水を飲むようにすること。そして、入浴剤の代わりに安いものでいいので、日本酒を入れると汗をかきやすくなります

お風呂から上がった後は、しっかりと保湿をすることも忘れないでくださいね。

汗アレルギーを改善するためには?

拳で手を叩いてわかったと言っている女性

首やデコルテ、お腹がかゆくて、ついボリボリと掻いてしまう。夏が来ると憂鬱な気分になってしまい、かゆみでイライラすることもあるかと思います。

汗アレルギーの原因は、肌のバリア機能が低下している、ベトベトの悪い汗をかいている、便秘で腸内環境が悪化しているなどがあげられます。

汗アレルギーを改善するためには、対処するだけでは根本的に解決したとは言えません

スリム女史は、汗をかくたびに、かゆくなったりヒリヒリしたりするのは、本当に嫌でたまりませんでした。加齢によって、肌のバリア機能が低下したり、腸内環境は悪化していきます。改善するためには、足りなくなっていく栄養素を補い、腸内環境を整えてあげることは、とても大切なことなんですよ。

スリム女史は、今では汗アレルギーが起こることはなくなり、夏が来てもまったく平気になりました。

食生活や生活習慣を改善することは必要ですが、簡単に改善するには、酵素ドリンク乳酸菌サプリを飲んでみるのもいいと思いますよ。

同じカテゴリー「美容の悩み」の一覧

太陽の光を手で遮っている

日焼け止めを塗るのが面倒 敏感肌でも使える全身ケアできる方法とは?

今や、季節を問わず紫外線ケアをするのは当たり前のご時世。 でも、日焼け止めを塗るのが面倒だったり、敏感肌だと肌荒れしてしまいますよね。 顔がカサカサして痒くなったり、酷いときには腫れてしまったりするこ […]

記事の続きを読む
肌がしっとりツルツルしている

マダムジュジュのこれだけ塗りの口コミ 40代にはメイミーホワイト60

マダムジュジュのこれだけ塗りを試してみました。 マダムジュジュのこれだけ塗りは、プチプラなので試しやすいので興味があったんですよね。 普段から肌がカサカサしているので、口コミが高いマダムジュジュのこれ […]

記事の続きを読む
鏡を見て顔を触っている女性

老けたなぁと感じたら おばさん顔改善には必須アミノ酸が大事って本当?

写真に写った自分の顔が老けたなぁと感じませんか? 化粧品を変えてみても、一生懸命パックをしても、肌はカサカサして、たるみが目立つ、シャンプーを変えても髪はパサパサしてるし、どうしたらいいかわからなくな […]

記事の続きを読む
足のむくみ 解消法 サタプラ

足のむくみ解消法【たった10分】手のひら日光浴がいいって本当?

夕方になると靴やブーツがキツく感じたり、ダルくて重く感じるなんて悩みはありませんか? 女性にとって足のむくみは気になるもの。 そんな足のむくみはデスクワークで同じ姿勢をずっと続けているからだけではあり […]

記事の続きを読む
美肌を作る正しい入浴方法

一番風呂と二番風呂の違い 肌のキメを整えるのはどっち?

肌が乾燥してカサカサしたり、肌が粉を吹いていて下着やタイツについてしまうなんて悩みはありませんか? 肌が乾燥してしまう原因の1つとして、正しいお風呂の入り方をしていないことがあげられますよ。 特に足の […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

スリム女史のプロフィール

はじめまして!スリム女史と申します。出産してから徐々に体重が増え、40歳を過ぎてからは、ただのデブになってしまいました。年々体重が増加した現実に気付き、ダイエットを決意!スリム女史がいかにして10kg痩せたのか?40歳からのダイエットに大切なこと、ダイエット商品について紹介させて頂いてます。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2017 太った・・・でも痩せられない!40歳からのキレイやせ研究所

    ページトップ