MENU
太った・・・でも痩せられない!40歳からのキレイやせ研究所 TOP  >  ダイエットサプリ , 冷え性  >  寒さに弱くなった原因 体がポカポカ 体の芯から温める方法5つ

寒さに弱くなった原因 体がポカポカ 体の芯から温める方法5つ

手を温めている女性 冷え性

歳を重ねていくとともに、寒さに弱くなってきたなんて悩みはありませんか?

誰でも寒いのは苦手かと思いますが、ちょっと寒くなってくるとタートルネックが手放せなかったり、くつ下を2枚重ねてみたりしても、体がなかなか温まらないですよね。

若いときは寒さなんてへっちゃらだったのに、年々寒さに弱くなってきたと感じる原因は、代謝が下がってきたからかもしれませんよ。

特に35歳を過ぎてくると女性ホルモンが減少していきますので、脂肪も増えやすくなり、寒がりなのに太ってきたなんてことにもなります。

体がポカポカと温まれば、冷えも改善し、痩せやすい体質になることができます。

それでは、寒さに弱くなった原因体の芯から温める方法5つをご紹介していきますね。

寒さに弱くなってきた原因とは?

考えている女性

20代の頃は寒さは感じても、そこまで寒さは感じなかったし、いっぱい着込まなくても平気だったはず。

なのに、今ではホッカイロが手放せなかったり、発熱インナーを2枚重ねてきてみたりしても、体が温まらないですよね。

女子高生が真冬でも脚を出しているのが信じられません(笑)

では、なぜ年々寒さに弱くなってくるのでしょうか?

代謝が下がってきている

体を動かすことが少ないと、筋肉が衰えてしまいます。

筋肉は熱を生み出してくれるので、熱を生み出す力が弱くなってきたと考えられます。

基礎代謝が下がっているため寒さに弱くなってしまうんですね。

女性ホルモンが減少してきている

女性ホルモンは年々減少してきます。

特に30代半ばくらいからガクンと減ってしまうんですね。

そして、バランスが乱れることが大きな原因。

女性ホルモンのバランスを整えることで体がポカポカ温まりますよ。

ダイエットで食事制限をしている

40歳も過ぎてくると、基礎代謝が下がってしまうため太りやすく痩せにくい体質になります。

若いときと同じようなダイエットをしても、なかなか痩せられないのもこのためなんですね。

ダイエットするならば、しっかり栄養素を摂ることを意識しましょう。

イライラしたり怒ったり、ストレスを抱えている

意外なことに、冷えとストレスは深い関係があります。

ストレスが多いと血行が悪くなり、血液が全身に回らなくなりますよ。

東洋医学では怒ったり、イライラしたりすると頭に血が上り、下半身に血が足りなくなると考えられています。

貧血気味である

健康診断で血液検査をすると、いつも貧血気味・・・

あなたはいかがですか?

血液は体中に栄養だけでなく熱も運んでいます。

貧血気味な人は鉄分などのミネラルを摂るようにしましょう。

>>女性ホルモンを整え、体がポカポカ温まるサプリメント

手のひらセンサーで冷えをチェック!あなたの冷えのタイプは?

手袋をして手を温めている女性

まずはあなたの冷えがどのタイプなのかを知ることから始めてみましょう。

体をちゃんと温めるには、どこが冷えているかを知ることが大切かなと思います。

やり方は簡単!

手のひらで足元から上半身へと冷えている場所をチェックしてみてください。

手や足先が冷えている【末端冷え】タイプ

足先に向かうほど冷たい末端冷えタイプ。

貧血気味の人が多く、末端まで熱が運ばれないから冷えてしまうんですよ。

手や足先が冷たいと感じているなら、足がむくんだり、頭痛がしたりしませんか?

太ももやふくらはぎが冷たい【下半身冷え】タイプ

手や足先だけでなく、太ももやふくらはぎも冷たいならば、下半身冷えタイプ。

座りっぱなしの仕事をしていたりして、骨盤周りの筋肉を動かすことがないと、太ももやふくらはぎの血流が悪くなって冷えるだけでなく、脂肪もつきやすくなりますよ。

寝付きが悪いと感じることはありませんか?

お尻のちょうど上の辺りにある仙骨が冷えているなら、下半身冷えは進んでいると思います。

お腹が冷たい【内蔵冷え】タイプ

お腹を触ると冷たいならば、あなたは内蔵冷えタイプと言えそうです。

実はこのタイプの人って案外自分で気づかないことが多いもの。

冷えの深刻度は高いので、早めに対処をしたほうがいいですね。

冷たい飲み物や食べ物は避けて、温かいものを飲んだり食べたりするようにしましょう。

【体がポカポカ】体を芯から温める方法5つ

コーヒーが2つ

体を芯から温めるには、普段の食生活や生活習慣を見直すことが必要です。

朝食は食べるようにする

基本的なことですが、食事は3食、食べるようにしましょう。

置き換えダイエットをする場合は、栄養バランスを考えてくださいね。

体を温める食材を摂る

体を温める生姜などのスパイスを上手に利用しましょう。

サラダやスムージーなど冷たいものは避けてくださいね。

ホッカイロを貼る

体が冷えていると感じるなら、物理的に温める方法としてホッカイロを上手に活用することもいいですね。

特に内蔵冷えタイプの人はお尻の上の仙骨に貼ると効果的。

タンパク質を摂る

筋肉を作るためにはタンパク質が必要。

片手の手のひらに乗るくらいの肉や魚を毎食食べるといいですよ。

女性ホルモンを整えるイソフラボンを摂る

女性ホルモンと同じような働きをするイソフラボンを摂りましょう。

豆乳や豆腐、納豆などの大豆製品を毎日摂れれば理想ですね。

寒さに弱くなってきて冬が辛いと感じるなら

人差し指を立てて納得している女性

年々、寒さに弱くなってきて、冬が辛いと感じるのは、代謝が下がり、女性ホルモンが減少して、バランスが乱れるのが大きな原因です。

食事や生活習慣を少しづつでも変えていきながら、体をポカポカ温めるようにしていきたいですね。

年齢を重ねていくとともに、体重は増えるけど、いろんなものが足りなくなっていきます。

そんなときは、サプリメントを飲むのも効果的。

以前は、冬の寒さに体が慣れず、発熱インナーを2枚重ねてきていたこともありましたが、今ではそんなこともなくなりましたよ。

あなたも、体がポカポカ温めるサプリメントを試してみてくださいね。

 

>>【安心の返品保証付き】体がポカポカ温まるサプリの公式サイトはこちらから

同じカテゴリー「ダイエットサプリ」の一覧

カキと豆乳のダイエットスープ

ダイエットスープ最強レシピ 具材は何を使うと効果的なの?

「ダイエットスープ」というと野菜スープや脂肪燃焼スープなんていうのも流行りましたね。 確かに健康的に痩せるには野菜たっぷりのスープは理想的!に思いますが、せっかくならばもっと痩せやすい体質を作る「ダイ […]

記事の続きを読む
ウエストを掴んでいる太っている女性

お腹の肉を腹筋以外で落とす方法 代謝を上げるために効果的なのは?

数年前のズボンが入らなくなった、お腹がポッコリして三段腹になってきたなんて悩みはありませんか? 35歳を過ぎたころから、お腹まわりが恐ろしいことになってきて、ジーンズを履くとお腹の肉が乗っかっているの […]

記事の続きを読む
みかん鍋 ヘスペリジン

みかん鍋の味って?ヘスペリジンが冷えを改善するって本当?

寒くなってくると食べたくなる鍋料理。 水炊き鍋や寄せ鍋、キムチ鍋など、普通のお鍋も美味しいけど、たまには変わり種の鍋も食べてみたいと思いませんか? 変わり鍋の中でもこれってどうなの?と思うのが「みかん […]

記事の続きを読む
体重計に座って乗っている女性

ダイエット不要になる? ヨシノンAが内臓脂肪を消すって本当?

ダイエットを始めたものの、辛い食事制限や辛い運動が続かずに断念・・・こんな経験があなたにもありませんか? 食事制限も運動しなくても痩せられる!そんな夢のような薬が2020年にはできるかもしれませんよ。 […]

記事の続きを読む
レジスタントプロテイン その原因Xにあり

レジスタントプロテインが脂肪を燃焼させる お勧めの食品5選

最近、お腹がポッコリしてきたけど、甘いお菓子や天ぷらなどの脂っぽいものがやめられないなんて悩みはありませんか? 若い時と違い、ちょっと食事を減らしたくらいでは、ポッコリお腹はなかなか引っ込まず、どうし […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

スリム女史のプロフィール

はじめまして!スリム女史と申します。出産してから徐々に体重が増え、40歳を過ぎてからは、ただのデブになってしまいました。年々体重が増加した現実に気付き、ダイエットを決意!スリム女史がいかにして10kg痩せたのか?40歳からのダイエットに大切なこと、ダイエット商品について紹介させて頂いてます。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2017 太った・・・でも痩せられない!40歳からのキレイやせ研究所

    ページトップ