MENU
太った・・・でも痩せられない!40歳からのキレイやせ研究所 TOP  >  化粧品 , 美容の悩み  >  ファンデーションがひび割れる 乾燥対策の新常識 ラメラ構造って?

ファンデーションがひび割れる 乾燥対策の新常識 ラメラ構造って?

 

入浴 お風呂 肌 乾燥 カサカサ 痒み

ファンデーションを塗って1時間もしないうちにファンデーションがひび割れてしまう、ほうれい線にファンデーションのスジが入ってしまうなんて悩みはありませんか?

年齢を重ねるとともに、肌の乾燥が酷くなったり、季節の変わり目になると肌トラブルが多くていつもの化粧品が合わなくなったりと悩みはつきませんよね。

ファンデーションがひび割れるのは、肌のラメラ構造が乱れているからかもしれませんよ。

乾燥肌は水分と油分を補ってあげることが大事!といわれますが、それだけでは完璧ではないんです。

あなたも、しっかり保湿して乳液やクリームでフタをしても、すぐに乾燥してしまう・・・のではないですか?

それでは、ファンデーションがひび割れる理由、乾燥対策の新常識ラメラ構造って何なのか?などをお話していきますね。

ファンデーションがひび割れる原因とは?

考えている女性

若いときは、少しくらい寝不足でもファンデーションがノラないってことは少なかったですよね。

ですが、年齢を重ねるとともに、乾燥がひどくなり、フルラインナップで化粧品を使ってもイマイチ効果がない・・・

よく乾燥肌は保湿が大事!と言いますが、いくら保湿をしっかりしても、そのときはいいんだけど、すぐに乾燥してしまうのではないですか?

保湿をしっかりしていても肌がすぐに乾燥してしまうのは、肌のラメラ構造が乱れているからかもしれませんよ。

ラメラ構造って?

ラメラ構造 花王 乾燥肌

出典元:花王

肌には角質層というものがあるのですが、この角質層はよくレンガに例えられます。

正常な肌の角質層は、レンガを積み重ねたようにキレイに並んでいるのですが、何らかの理由によって乱れてしまうんですね。

つまり、レンガを積み重ねるには、セメントが必要なわけですが、このセメントの部分に水と油がミルフィーユ状になって重なっているんですね。

水分と脂質がミルフィーユ状になっていれば、乾燥肌とは無縁のしっとりとした肌になりファンデーションがひび割れるなんてことはありませんよ。

では、どうしてラメラ構造が乱れてしまうのでしょうか?

肌をこすり過ぎるとラメラ構造が乱れる

あごに手を当てて考えている女性

ファンデーションを落とそうと思って、洗顔のときについゴシゴシと洗ってしまうことはありませんか?

そして、化粧水や乳液などをつけるときも、意外と肌に負担がかかっているってことが多いんですよ。

肌をこすることは、思ったよりも刺激が強いと思ってくださいね。

できれば、基礎化粧品はあれこれゴテゴテつけるのではなく、オールインワン化粧品などのようにシンプルなものがベスト!

>>オールインワンでは物足りない?世界初!特許取得のオールインワンとは?

肌はできるだけ、こすらない!触らない!ようにしましょう

目指せ赤ちゃん肌!しっとりモチモチになるには水分と油分が大切?

拳で手を叩いてわかったと言っている女性

赤ちゃんの肌はツルツルで触るとスベスベしていて、まさに女性の理想の肌ですよね。

ですが、赤ちゃんの肌って水分量も皮脂量も大人の1/3しかないって知ってますか?

よく、肌の水分量を上げましょう!とか大人の肌には油分が足りない!とか言われますよね。

実は、赤ちゃんの肌がしっとりモチモチなのは、ラメラ構造が整っているからなんですよ。

ラメラ構造を整えることができれば、ファンデーションがひび割れるなんてこともなくなります。

ラメラ構造を整えるには?

困っている女性

ラメラ構造を整えるには、いちばん大切なのが乾燥対策をしっかりとすること。

他にも、肌をゴシゴシこすったり、必要以上に触らないことも大切ですよ。

あと、ダイエットをしていると、無理な食事制限をしたり、急激に体重を落としたりすると肌が乾燥してしまう原因になります。

そして、ストレスを溜めない努力も必要かなと思いますね。

季節の変わり目に乾燥が酷くなるようだと、敏感肌になっている可能性もあるかも。

もっと肩の力を抜いて楽しめるようにすると肌の調子もいい気がしますよ。

ファンデーションがひび割れるなら保湿を重点的に!

理解した女性

いくら保湿をしっかりしてもファンデーションがひび割れてしまったり、顔を手で触るとゴワゴワしているならば、保湿を重点的にするようにしましょう。

ですが、いくら保湿をしっかりとしてもすぐに乾燥してしまう・・・

そんなあなたは肌のラメラ構造が乱れているかもしれません。

保湿をしっかりとすることは大切ですが、洗顔をするときにゴシゴシ洗わない、基礎化粧品はシンプルにするようにしましょう。

理想はしっとりモチモチした赤ちゃんの肌

赤ちゃんの肌は大人よりも水分量も皮脂量も1/3しかないのに、触るとスベスベでいつまでも触っていたいですよね。

赤ちゃんの肌はラメラ構造が整っているからあんなにキレイなんですよ。

ラメラ構造を整えるには基礎化粧品はシンプルにがベスト。

さらにラメラ構造を整える効果があるものだといいですね。

今まで、オールインワンを使ったけど、まったく乾燥肌が改善しなかったという人でも満足できるオールインワンがコンシダーマル。

コンシダーマルは初回半額で返金保証も付いていますので、まずはお試しから始めてみませんか?

 

>>乾燥対策の新常識!ラメラ構造を整えるコンシダーマルを試してみる!

同じカテゴリー「化粧品」の一覧

肌がしっとりツルツルしている

マダムジュジュのこれだけ塗りの口コミ 40代にはメイミーホワイト60

マダムジュジュのこれだけ塗りを試してみました。 マダムジュジュのこれだけ塗りは、プチプラなので試しやすいので興味があったんですよね。 普段から肌がカサカサしているので、口コミが高いマダムジュジュのこれ […]

記事の続きを読む
鏡で肌をチェックしている女性

肌がヒリヒリカサカサ バリア機能をアップさせる3大重要ポイント

化粧水を使うと肌がヒリヒリしたり、洗顔したあとすぐに肌が乾燥してカサカサになっててしまうなんてことはありませんか? 日焼けをしているわけでもないのに、肌がヒリヒリしたりカサカサしているならば、皮膚が薄 […]

記事の続きを読む
入浴 お風呂 肌 乾燥 カサカサ 痒み

ファンデーションがひび割れる 乾燥対策の新常識 ラメラ構造って?

  ファンデーションを塗って1時間もしないうちにファンデーションがひび割れてしまう、ほうれい線にファンデーションのスジが入ってしまうなんて悩みはありませんか? 年齢を重ねるとともに、肌の乾燥 […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

スリム女史のプロフィール

はじめまして!スリム女史と申します。出産してから徐々に体重が増え、40歳を過ぎてからは、ただのデブになってしまいました。年々体重が増加した現実に気付き、ダイエットを決意!スリム女史がいかにして10kg痩せたのか?40歳からのダイエットに大切なこと、ダイエット商品について紹介させて頂いてます。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2017 太った・・・でも痩せられない!40歳からのキレイやせ研究所

    ページトップ