MENU
太った・・・でも痩せられない!40歳からのキレイやせ研究所 TOP  >  食事、飲み物  >  卵は痩せる?太る?40代ダイエットで積極的に摂りたい理由とは?

卵は痩せる?太る?40代ダイエットで積極的に摂りたい理由とは?

卵のイメージ

以前は、卵は1日に2個までしか食べちゃいけない!と言われていたことをご存知でしょうか?これは、卵にはコレステロールが多いから、食べ過ぎると内臓脂肪が増えるという理由から。

ですが、卵が1日2個までという話は、以前の話です。今は、アレルギーとかがなければ制限はありません。とは言っても卵だけずっと食べるのは無理というもの。頑張っても1日2~3個というところでしょうか?もちろん、卵が好きで好きでたまらないならば、1日5個くらいは食べても支障は全くありませんよ。

を食べると痩せるのか?それとも太るのか?答えは、卵は正しく食べれば痩せられるですね。

卵に関しては、今でも誤解が多い食べ物の1つだと思っています。

それでは、卵を食べると痩せるのか?それとも太るのか?40代のダイエットで積極的に摂りたい理由をお話ししていきますので、最後まで読んで頂ければ嬉しいですね。

卵を食べると痩せる理由とは?

キューピーHP

出典元:キューピー

卵は安いし、料理をするのも楽なので、スリム女史は必ずお弁当のおかずに卵料理を入れています。

スリム女史が卵をダイエットにおススメする理由は、卵の栄養価の素晴らしさにあります。

卵は完全栄養食品と言われているのをご存知でしょうか?卵の栄養価はとても高く、ビタミンC以外の栄養がほとんど入っている優秀な食品なんですね。

卵は必須アミノ酸がバランス良く含まれています。必須アミノ酸はバランスが大事。よく必須アミノ酸のバランスを桶で例えられますが、卵は効率的に必須アミノ酸が摂れる食品の1つなんですよ。

卵1個あたりのたんぱく質量は6グラムですから、魚よりもたんぱく質に関しては多いと言えます。今日はたんぱく質が足りないかもと思ったら、卵料理をプラスすればいいですね。

たんぱく質を摂取すると、代謝が上がりやすくなりますので、卵は40代ダイエットの強い味方と言えそうです。

でも、卵はコレステロールがあるから、内臓脂肪が増えるのでは?と心配な声も聞こえそうです。

ですので、卵のコレステロールについてわかりやすく説明をしていきたいと思います。

卵のコレステロールは女性ホルモンを整えてくれる

理解した女性

コレステロールはダイエットの敵!と思っていませんか?

そもそも、コレステロールとはどんなものなのでしょう。コレステロールは、簡単に言うと血液の中に含まれる脂質のこと。脂質が含まれているから太るという発想な人が多いように感じます。

コレステロールは悪者扱いをされがちですが、実はホルモンを作る材料、元になるものなんですね。

例えば、女性ホルモンは聞いたことがありますか?女性ホルモンは、40歳を過ぎてくると、だんだん減っていく傾向にあります。女性ホルモンが減ってくると、肌がシワシワになったり、肌が乾燥したりします。体が急に暑くなったり寒くなったりなどの更年期の症状が出てくる人もいるでしょう。これらの症状は、加齢によって女性ホルモンが減ってしまったからにほかなりません。

コレステロールは他にも筋肉を作る元になりますから、コレステロールは決してダイエットの敵ではありません。

コレステロールはむしろ、40歳を過ぎた今だからこそ、積極的に摂りたい食べ物の1つなんだとスリム女史は考えます。

ですが、卵を食べるときに、1つ注意しなければならない点があります。次は卵をダイエットの味方につける食べ方をお話ししていきますね。

卵を食べるときは糖質を減らす

オムライスとコーヒー

卵をダイエットの味方にするには、1つだけ注意点があります。

具体的に言いますと、オムライス月見うどん卵かけご飯などは美味しいけれど我慢ですよ。

もし、どうしても食べたいときは、糖質を減らす努力は必要です。卵を食べると痩せるというのは、卵を食べてたんぱく質量を増やすことが目的です。

痩せるということは、体内の脂肪を燃焼させる力が必要です。脂肪を燃焼させるイコール痩せるということなんですね。

糖質を摂ったばあい、血中の糖の濃度を薄めなければならないので、先に糖質がエネルギーとして消費させなければなりません。ですから、脂質は脂肪となって体の中に残ってしまうというわけなんですよ。

卵を食べて痩せるという方法を選ぶならば、糖質を減らすことがポイントになります。

糖質を減らしているのに痩せない理由

袋から出したポテトチップス

糖質を摂らないで卵を食べているのに痩せられない・・・それは、加工食品や植物性油脂などのオメガ6系の油を摂っているからかもしれませんよ。これらの食べ物は代謝を下げてしまいます。

お菓子スナックなどを食べている人も要注意です。お菓子やスナックなども糖質ですから、卵を食べても脂肪となって、体に残ったままになってしまいます。

食事はバランスが大事

メジャーでウエストを測っている女性

卵は糖質などを少なく食べることで、痩せられる食材と言えますね。

スリム女史はたんぱく質を多く摂るようにしています。糖質は少し減らす努力をしていることは確かです。

40代ダイエットは、代謝を上げなければなりません。ですから、代謝を上げるようにすれば、痩せやすい体を作ることができますし、リバウンドもしない体になれるはずですよ。

食事は楽しく美味しくなければ、ダイエットは続けられないと思っています。上手にダイエット食品酵素なども摂り入れていきながら、続けることが大事です。

スリム女史は10キロ痩せることができて、30代のときに着ていたスーツが着られるようになりました。仕事中は今まで大きいダンボールを持っていても誰も声を掛けてくれなかったのに、今では「大丈夫?」と声を掛けられるようになりましたね。

痩せたことで一番嬉しかったことは、自分に自信が持てるようになったことです。

40代ダイエットは、体重を落とすことだけを考えてしまうと、老けて見られる可能性もあります。これからダイエットをしようというならば、ぜひ参考になさってくださいね。

同じカテゴリー「食事、飲み物」の一覧

ブロッコリースプラウトの効果

ブロッコリースプラウトの育て方 食べるタイミングはいつが適切?

スーパーの野菜売り場でも見かける「ブロッコリースプラウト」ですが、自宅でも簡単に栽培できることを知ってますか? 買えば1パック65グラムで100円ほど。 栽培キットを使えば1袋で3~4回は栽培ができま […]

記事の続きを読む
カキと豆乳のダイエットスープ

ダイエットスープ最強レシピ 具材は何を使うと効果的なの?

「ダイエットスープ」というと野菜スープや脂肪燃焼スープなんていうのも流行りましたね。 確かに健康的に痩せるには野菜たっぷりのスープは理想的!に思いますが、せっかくならばもっと痩せやすい体質を作る「ダイ […]

記事の続きを読む
ブロッコリースプラウト グッディ ダイエット 内臓脂肪減少

ブロッコリースプラウトダイエット 内臓脂肪減少効果があるって本当?

「ブロッコリースプラウト」がダイエットに効果的!という話は聞いたことがあるものの、それって本当なの?って思いませんか? ダイエットにいいと言われても、科学的根拠がなければ信じられませんよね。 2017 […]

記事の続きを読む
漢方の食材

自宅で学べる くらし薬膳プランナーの資格 取得方法や活用法を知りたい!

大人になった今だからこそ何か役に立つ資格を取得したいと思ってはいませんか? 「暮らし薬膳プランナー」は、自宅で学べるとあって、スクールに通うのが難しい主婦にも人気の資格の一つ。 薬膳というと、難しそう […]

記事の続きを読む
カカオ豆 カカオニブ

カカオ豆は楽天やアマゾンで購入 甘くない簡単料理レシピ5選

話題のハイカカオチョコレートは、ダイエット中でも食べられるデザートとして、とても人気がありますね。 その理由は、砂糖などの糖質が多い普通のミルクチョコやブラックチョコと比べて、カカオ豆の配合量が多くダ […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

スリム女史のプロフィール

はじめまして!スリム女史と申します。出産してから徐々に体重が増え、40歳を過ぎてからは、ただのデブになってしまいました。年々体重が増加した現実に気付き、ダイエットを決意!スリム女史がいかにして10kg痩せたのか?40歳からのダイエットに大切なこと、ダイエット商品について紹介させて頂いてます。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2017 太った・・・でも痩せられない!40歳からのキレイやせ研究所

    ページトップ