汗をかいても食べなくても夏太りする原因と解消法

MENU
太った・・・でも痩せられない!40歳からのキレイやせ研究所 TOP  >  ダイエットQ&A  >  汗をかいても痩せないのはなぜ?食べてないのに夏太り 原因と解消法

汗をかいても痩せないのはなぜ?食べてないのに夏太り 原因と解消法

汗を拭く女性

猛暑や酷暑で、うだるような暑さ。ちょっと動いただけでも汗がダラダラ出てしまいますよね。

汗をものすごくかいているし、そんなに食べてもいないのに、ちっとも痩せられない。

それどころか、汗をかいても食べていなくても夏やせどころか、夏太りをしてしまったなんてことはありませんか?

汗をかいても痩せられないのは、代謝が下がってしまったり、内臓が冷えてしまっているせいかもしれませんよ。

それでは、汗をかいても痩せないのはなぜなのか?食べてないのに夏太りをしてしまう原因と解消法などをお話していきたいと思いますので、最後まで読んで頂ければ嬉しいです。

汗をかいても痩せない原因

メジャーの数字を見て悩んでいる女性

夏は、いっぱい汗をかくから痩せるチャンス!と思いがちです。

実は、夏やせするよりも、夏太りをする人のほうが多いという調査結果が出ているんですよ。

扇風機だけで過ごしていた時代は、暑さのせいで食欲が落ちることがありましたが、現代は、クーラーで過ごしやすい部屋の中で過ごすことが多いので食欲が落ちるなんてことも少ないかもしれませんね。

まずは、夏太りをしてしまう原因を考えていきたいと思います。

夏は基礎代謝が下がりやすい

紫外線

そもそも、夏は基礎代謝が下がる傾向にあります。

なぜ、夏は基礎代謝が下がるのでしょうか?

人間は、暑くても寒くても、体温を一定の温度に保とうとする働きがあるんですね。

冬は寒いので、体温を上げようと基礎代謝が上がりますが、夏は特に上げようとしなくても、気温が高いので使うエネルギーは最小限ですみます。

ですから、夏は同じ食事の量でも代謝が低くなるために、太りやすい季節だと言えますよ。

冷房の効いた部屋で冷たい食べ物や飲み物を摂る

氷とレモンが入った水

冷房がガンガンと効いた部屋でずっと過ごしていることも、夏太りしてしまう原因になりますよ。

しかも、冷房が効いた部屋で冷たいジュースやお茶、さらにさっぱりしたものが食べたくなって、そうめんなどの冷たくて喉ごしのいい食べ物を食べる・・・

キンキンに冷えた水の中にずっと手を入れておくことはできませんが、文字通り、喉元過ぎると暑さを忘れてしまいますよね。

内蔵は温度を感じることができませんから、自分が思っているよりも、内蔵はかなり冷えているかもしれません。

こんな環境で過ごしていたら、さらに基礎代謝が下がることになりますね。

塩分の摂り過ぎで身体がむくむ

タオルで汗を拭く女性

夏は汗をかく量も多いので、水分をガブガブと飲んではいないでしょうか?

汗をかくので、必然的に味の濃いものを好むようになります。

さらに、病気でもなければ、運動をしているわけでもない。そんなときに、ポカリスエットなどのスポーツドリンクを飲むのはおススメできません。

加えて、糖質が多い食事ばかりでは、身体がむくむ原因になりますよ。

糖質を控える食事をしていると、身体のむくみが取れるだけでなく、小顔になったという人もいらっしゃいます。

栄養不足で夏太りをする

そうめんとつゆ

夏はさっぱりしたものが食べたくなりますが、栄養価を考えて食事を摂っているでしょうか?

例えば、わかりやすくご飯のカロリーとそうめんのカロリーを比較してみますね。

  • ご飯1杯(150グラム) 240キロカロリー
  • そうめん(100グラム)   356キロカロリー

1人前の平均的な量でカロリー計算をしてみました。

ご飯よりも、そうめんのほうがカロリーが高いですよね。しかも、そうめんを食べるときは薬味だけ。なんてことはないでしょうか?

夏は喉ごしのいいものが食べたくなりますが、三大栄養素である、糖質、たんぱく質、脂質のバランスを考えながら食事を摂るようにしたいものです。

そして、喉ごしのいいものは、よく噛まないで飲み込んでしまいます。

よく噛んで食べないことも、太りやすい原因になってしまいますよ。

>>よく噛んで食べることによる効果について詳しくはこちらから

暑くて寝られない!睡眠不足が夏太りの原因に

横向きに寝ている女性

暑くて夜寝られない・・・熟睡できなくて、朝スッキリと起きられないなんてことはありませんか?

睡眠不足が続くと、自律神経が乱れてしまい、夏太りをする原因になってしまいますよ。

自律神経には、交感神経と副交感神経があります。

人間は、特に意識をしなくても、普通に呼吸をし、体温を適正に調整してくれたり、心臓が動いたりしていますよね。自律神経は、生きるために必要なことを自動で行ってくれています。

交感神経と副交感神経のバランスは、半々くらいがベストなのですが、睡眠不足が続くと、交感神経が優位になってしまいます。

交感神経は、緊張やストレスを感じているときに働きます。逆にリラックスしているときは、副交感神経が働いていますよ。

寝不足が続くと、交感神経が優位に働き、血流が悪くなってしまうんですね。夏なのに手足が冷えたりしている場合は、内臓も冷えている状態かもしれませんね。

夏は太りやすい身体を作る原因がいっぱいあります。

それでは、次は、夏太りを解消する方法についてお話しをしていきたいと思います。

夏太りを解消するには?

考えている女性

夏太りをしてしまうのは、身体が冷えて、代謝が下がってしまうこと、が大きな原因であるということは、お分かり頂けたと思います。

代謝が上げるためには、簡単な運動を行ったり、入浴時には、湯船に浸かるようにしましょう。

睡眠不足を解消するために、自律神経のバランスを整えることもいいですね。

「ながら運動」でインナーマッスルを鍛える

腸腰筋

運動が苦手、運動する時間がないという人でも、簡単にできる「ながら運動」がおススメです。

>>【簡単】ながら運動のやり方について詳しくはこちらから

筋肉量が多ければ、冷たいものを食べたとしても、脂肪を燃焼させる効果がありますよ。

それには、腸腰筋を鍛えること、つまりインナーマッスルを鍛えるのがいいですね。

スリム女史は、運動が苦手です。わざわざ嫌いな運動のために時間をとること自体が苦痛になるので、普段生活する中で、できることからやるようにしています。

掃除をしながら、家事をしながら、買い物をしながら、テレビを見ながらであれば、わざわざ時間を作ることもありませんよね。

湯船に浸かって身体を温める

湯船につかっている女性

夏は湯船に浸かるのがイヤだし、面倒だからついシャワーだけ。なんてことはないでしょうか?

湯船に浸かることで、身体を温めることができますし、リラックスできるので、副交感神経に切り替えることができますよ。

普段、ストレスを感じている、身体が疲れやすいなどを感じているならば、健康にも美容にも効果がありますので、ぜひ湯船に浸かるようにしましょう。

耳ひっぱりの効果がすごい!

女性の耳

血流を良くしたり、リラックス効果がある、耳ひっぱりもおススメです。

耳を引っ張るだけなのですが、血流が良くなるので、むくみにも効果がありますし、自律神経のバランスを整えてくれる効果がありますので、簡単に、しかも、いつでもどこでもできるという簡単さ。

やり方は簡単です。

  1. 耳の上の当りを軽く揉む
  2. 軽くもんだ後に、少し上に引っ張ります

たったこれだけなんですね。

耳にはツボが多いので、少し疲れたときや、パソコンやスマホで目がショボショボしたときにも試してみてください。

夏太りをリセットするには?

あごに手を当てて考えている女性

いかがでしたでしょうか?

汗をかいても、そんなに食べていなくても痩せられないのは、代謝が下がっているからなんですね。

夏は冬よりも代謝が下がってしまいますので、夏やせどころか、夏太りをする人が多いんですよ。

夏は冷たいものを食べたり飲んだりしたくなる気持ちはわかりますが、身体は悲鳴を上げているかもしれません。

特に夏は、麺類などを食べたくなる季節ではありますが、たんぱく質などもしっかりと摂るようにしましょう。そして、よく噛んで食べてくださいね。

代謝が下がってしまうと、ダイエットをしたとしても、なかなか体重が落ちなかったり、肌もボロボロになってしまいます。

健康的に痩せるためには、代謝を上げることはとても大切ですよ。

同じカテゴリー「ダイエットQ&A」の一覧

ウエストを掴んでいる太っている女性

お腹の肉を腹筋以外で落とす方法 代謝を上げるために効果的なのは?

数年前のズボンが入らなくなった、お腹がポッコリして三段腹になってきたなんて悩みはありませんか? 35歳を過ぎたころから、お腹まわりが恐ろしいことになってきて、ジーンズを履くとお腹の肉が乗っかっているの […]

記事の続きを読む
体重計に座って乗っている女性

ダイエット不要になる? ヨシノンAが内臓脂肪を消すって本当?

ダイエットを始めたものの、辛い食事制限や辛い運動が続かずに断念・・・こんな経験があなたにもありませんか? 食事制限も運動しなくても痩せられる!そんな夢のような薬が2020年にはできるかもしれませんよ。 […]

記事の続きを読む
レジスタントプロテイン その原因Xにあり

レジスタントプロテインが脂肪を燃焼させる お勧めの食品5選

最近、お腹がポッコリしてきたけど、甘いお菓子や天ぷらなどの脂っぽいものがやめられないなんて悩みはありませんか? 若い時と違い、ちょっと食事を減らしたくらいでは、ポッコリお腹はなかなか引っ込まず、どうし […]

記事の続きを読む
体重計に座って乗っている女性

アンチエイジングダイエット 中年太りを解消する方法とは?

若い頃はちょっと食事を減らせば痩せられたのに、今は運動をしても食事を減らしてもまったくダメ!と悩んでいませんか? 食事の量は若いときのほうがあったと思うし、なぜ食事の量を減らしても痩せられないんだろう […]

記事の続きを読む
お腹を両手でつまんでいる女性

体重が落ちない原因 ポッコリお腹を解消するには葛の花が効果的?

頑張ってもなかなか体重が減らない、ジーパンのウエストがキツくなって閉まらないなんて悩みはありませんか? 子供を産んでからは少しづつ体重が増えてきて、何をやっても痩せない・・・ 40歳を過ぎてくると、特 […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

スリム女史のプロフィール

はじめまして!スリム女史と申します。出産してから徐々に体重が増え、40歳を過ぎてからは、ただのデブになってしまいました。年々体重が増加した現実に気付き、ダイエットを決意!スリム女史がいかにして10kg痩せたのか?40歳からのダイエットに大切なこと、ダイエット商品について紹介させて頂いてます。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2017 太った・・・でも痩せられない!40歳からのキレイやせ研究所

    ページトップ